• 岐阜の一戸建て住宅とは

    岐阜県は中部地方にあり内陸県の1つでもあります。
    北部は山岳地帯となっていて平地部分は盆地などに少し存在し、南部は平野が広がり低地面積も多くなっています。


    岐阜で注文住宅の一戸建てを建てる場合には建築家集団とインテリアデザインで注目されているところがあります。
    特徴としては耐震性や採光・通風性、気密・断熱性、外観と内観デザイン、動線と機能性、素材に拘った家造りを行っています。そして間取り、構造、機能性、デザイン、コスト、アフターメンテナンスの6つの要素を中心に設計デザインを行っています。


    近年は日本国内において地震が多発しており地震対策は重要な課題の1つでもあります。岐阜においては構造計算をベースに耐震等級・長期優良住宅の基準全てを満たしています。



    無駄を省き規格化を追求し、オリジナル部材の開発をすすめコストダウンをはかって来ていて無理せずに本物の一戸建て住宅を手に入れることが出来ます。
    子育て時代にも大切な自然素材を使い、資材は海外からの直輸入でコスト削減がはかられ、インテリアショップも持つところから雑貨照明やカーテンまで経済的な予算でトータルコーディネートが行われています。
    インテリア及び外構とエクステリアもプロのデザイナーが関わり、外部からの景観や樹木にも配慮されて家造りが行われます。



    経営コンサルタントの経験から依頼者の立場に立った資金計画のサポートが行われています。



    注文住宅の一戸建ては土地探しから始まりますが、これもプロの建築家から見た合理的なサポートが行われているので安心できます。