• 岐阜に建てる新築一戸建て

    岐阜という土地では新築一戸建てに住むことが、生活の質を上げることに繋がります。

    家というものは、人間に必要不可欠なものです。
    どれほど豪華なホテルに暮らしていようが、帰るべき場所がない暮らしは虚しいものです。


    それだけに、住居の快適性は人生の満足度に直結することなのです。



    いい家に住むためには、建てるべき土地の特徴と、それに合わせた建築法を検討しなくてはなりません。新築一戸建てを採用するべき岐阜は、日本のちょうど真ん中に位置している土地です。

    そのため、同じ県内であっても気候には地域差があります。

    たとえば西部では、シーズンになると冷たく乾燥した風が吹き、北国並みの寒さになることがあります。



    また、冬になると雪雲が流れ込みやすくなりますから、大雪を警戒する必要があるのです。
    これが美濃地方になると、冬の寒さに加えて、夏の暑さも厳しくなります。


    多治見市などでは過去に、国内最高気温である40.9℃をマークしたこともあり、深刻な悩みとなっているのです。

    このような気候の中で暮らすためには、家の断熱性を高めることが有効です。しかし、あとから断熱材を敷設することは難しく、そもそも賃貸では不可能です。
    しかし、新しく建てる家であるならば、しっかりとした断熱工事を施すことができます。



    そうすれば、夏の暑さも冬の寒さも、その影響を減らすことができるのです。

    岐阜には新築一戸建てを建てて、毎日を快適に暮らしていきましょう。